演出
ネットショップとしては淡白なホームページで十分だが、少しだけ演出をすることも有益。

home
簡単には儲からない
ネット販売の成功法則

[広告宣伝]
広告宣伝入門
メルマガ発行

[顧客対応]
顧客対応と広告

[ホームページ]
ホームページ入門
決済方法入門
 ・カード決済(消費者)
 ・カード決済(ショップ)
クレジットカード決済
コンビニ決済
一円会社設立

[共通]
失敗/成功事例

[全国セミナー開催]
セミナー開催
 ・全国セミナー開催履歴
セミナー講演依頼募集
 ・セミナー講演の全国派遣承ります。

[その他]
ショップ作成前に
法人カード
編集後記
リンク集


[サイト再編のために移動]
SEM
オーバーチュア広告
SEO対策日記
SEM/SEO用語集


[弊社執筆書籍]
もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術

「ホームページ集客」を「利益」に変える成功方程式

SEOを超えたホームページ集客術


不許複製・禁無断転載

[PR]



2017/March/30



【目次】
「消費者を逃がさないホームページ」としては淡白なホームページで十分ですが、少しだけ欲を出してホームページの演出をすることも有益です。

●ロゴ

ショップのロゴマークは特徴のある意匠をこらしたものにします。
2度目の訪問時だと「あれ?、このショップだったっけ?」ということはよくあるので、ロゴのデザインでショップを覚えてもらうことも重要です。

●キャラクター(マスコット)

別に人気キャラクターを作って一山当てようという訳ではありません。
マーケティング的にはキャラクターを作成することで「ロゴ作成」と同様に消費者の記憶に残るホームページとすることができます。また、それと同時に「店長の顔写真」と同じく消費者に親近感を抱いてもらえるという利点もあります。

ただし、プロにキャラクター(マスコット)を作成してもらうと少々お高い(10万円前後)ので費用対効果を十分に考えて下さい。なおその場合は著作権全てを買い取る契約にします。

実際のところ、先輩ショップの事例として

キャラクターをつくって印象にのこるHPになった。(無料素材はかわいいけど印象にのこりづらい)

というケースもありますのでご参考まで。

●人気ランキング・店長イチオシ

多くの商品が並んでいると消費者としても一つの商品に決めるのに悩むことがあります。そのような場合、人気ランキングや店長イチオシなどのコーナーがあれば消費者が商品を選定する手助けが可能です。合理的な説明ができれば、利鞘(りざや)の大きな商品を消費者に奨めて買ってもらうことも許容範囲内でしょう。





ご意見等メルマガサイトマップ|(C)2013 NTT DATA Smart Sourcing
検索エンジンマーケティングリスティング広告(無料診断)|SEM/SEO講座ユーザビリティネットショップ開業オンラインショップ運営講座
ショッピングカート(ショップギア®)|クレジットカード決済仕入れ/のブログ買いパラ®|アクセス解析
買いパラ研究室之印